情報商材の販売で売れそうな物がない人への解決策

「情報商材の販売をやりたいけれど、自分には大した得意分野がなく、売れる物がない」という悩みを持った方は多いのではないでしょうか?
確かに、情報商材の販売って、華々しい実績を持っているような方がやっているイメージがあります。
今回は、そんな人に対しての「解決策」を解説します。

まず1つ目の解決策ですが、「得意なものは無意識な事が多い」ということです。
皆さんは、「何か得意なことがありますか?」と聞かれたら、「ほとんどない」と答える方も多いと思います。
ですが、「得意なこと」って実は無意識なことが多いのです。

例えば、素人から見たらかなりピアノが上手に見えるのに、「私はそんなにピアノが得意じゃないです」と本心から言う人がいたとします。

どうしてこのようなことが起こってしまうのでしょうか?
それは、「世界の違い」です。

「私はピアノがそんなに得意じゃない」と言っている人は、あくまでも、プロのピアニストや、トップクラスのピアニストに比べたら、そんなに上手ではないという話です。
ですが、素人から見たら、プロのピアニストとの違いなんて、聴き比べれば少し分かるかもしれませんが、「どちらも凄い!」という印象でしかありませんよね。

この話を聞いた上でも、本当に皆さんは「得意なこと」がないのでしょうか?
無意識下にあるので、ぜひ冷静になって探してみてください。

2つ目の解決策は、「得意分野を作る」です。
そして、どう考えても得意分野が見つからない場合は、仕方がありません。
「得意分野を作る」しかないですよね。
ですが、繰り返し言いますが、本当に得意分野がないのかどうかを慎重に吟味してくださいね。

そして、本当に得意分野がない場合は、「需要のある得意分野を作る」というのがおすすめです。
得意分野を一から作る人のメリットは、より需要のある得意分野を作れることにあります。

例えば、情報商材はニッチな分野だと難易度が上がります。ですが、メジャーな分野であれば、顧客の数が必然的に多くなるので、難易度が低くなります。

得意分野を一から作る方は、「自分には何にも得意とするものがない」と気落ちをするのではなくて、「一から作れるのだから、逆に有利になる分野を狙っていこう」と前向きに考えることがおすすめです。

今回は、情報商材の販売で売れそうな物がない方への解決策を解説しました。
皆さんも、ぜひ自分の得意を「見つける」か「作るか」をして、情報商材の販売をしてみてくださいね。
この記事が参考になれば幸いです。